買取方法

釣具の出張買取方法に関して詳細を解説!

釣具の買取方法-釣り具の出張買取とは

釣具の出張買取

出張買取りについて

出張買取とは?主に関東圏内(東京・神奈川・千葉・埼玉)にお住まいの方で、釣具、船舶・ボート、アウトドア用品で、品物の数が多い・大量・大きい・重いと言ったお客様に適したサービスです(関東近隣地域方でもお品物内容や数量により検討させていただきますので、まずはお気軽にご相談ください)。また、お車をお持ちでない方、遺品整理、選定して持ち込む時間はない様なお客様、お部屋の整理・片付け、引越しの際などに多くご利用いただいております。買取りはもちろんですが、引き取り・廃棄・処分に関しましても承っております。

当店スタッフが直接ご自宅やご指定の場所にお伺いし、査定・買取り・お支払いいたします。もちろん査定料・見積・出張費用は全て無料です。釣具・品物の数が多い場合は、査定にお時間が必要となってしまうため、一度持ち帰らせていただき、本査定、査定結果をご連絡、指定の口座にお振込みとなる場合がございますので予めご了承ください。

出張買取のその他メリット・利点としまして、店舗への来店・外出不要、段ボールなどの梱包材をご用意する手間も不要、自宅にいながら完結するのでとても楽チンです。売れるかどうかわからない物・ついでに釣道具・船舶用品以外の物まで買い取り・引き取りも可能ですのでお気軽にお伝えください。ご用意いただく物は品物と身分証明書だけです。

ご来店いただくには若干の距離がある、時間がないお客様で、品物の量が少ない・大きくない・それほど重くない=つまりは段ボールに入れて送付出来る場合はは宅配買取通信買取)をオススメしております。

出張買取対応エリア出張買取り対応エリアに関しましてはこちらのページをご確認ください。

実際にご依頼いただいた出張買取の釣具

出張買取例

出張買取に適する品としまして 郵便や宅急便では発送できないような大きいサイズ(宅急便の最大サイズである160センチサイズ以上の品物)、30kg以上の重い物、部屋や倉庫いっぱいにある・大量にある場合や、釣具店舗丸ごとなども可能です。例としましては、上記の様に釣具がウェアからカバンなど大量に・一式・一揃いある場合や、FRP・アルミボート・漁船、1人・2人乗りほどの小型の船舶・ボートや船外機・エンジン、トレーラーなどになります。収納棚ごとなどもOKです!ついでに処分や引き取り・廃棄したいものがある場合などもお気軽にご相談ください!

関東圏内であっても品物点数が数点である場合や、宅急便でお送りいただけるような場合はなるべくご来店いただくか、宅配・通信買い取りをご利用いただきたいと思いますが、まずはお気軽にご相談ください。

出張買取り

出張買取り買取りまでの流れ
お申込み
無料査定フォームより出張買取り・仮査定のお申込みをしていただきます。
品物の詳細をできる限りお伝えいただく様お願いいたします。
Next
仮査定と訪問日確認
すぐに仮査定結果をご連絡させていただきます。そして、仮査定結果に問題がなければ訪問日を確認させていただきます。
Next
訪問
当店のスタッフがお申込みいただいた日にお客様のご自宅にお伺い致します。
ご訪問の際、身分証のご確認をさせていただきますので、ご用意をお忘れなく。
Next
買取り金額のお支払い
買取り品の確認、そして本査定いただきました後、すぐに買取り金額を現金にてお支払いさせていただきます。釣具・品物が多いという場合、一度持ち帰らせてちいただいた後、本査定、査定結果のご連絡、指定口座へのお振込みとさせていただくケースもございます。
釣具自動査定システム

宅配買取は全国対応

宅配買取は全国対応

関東以外にお住まいの方は宅配買取りをご利用ください!北海道~沖縄まで日本全国対応!送料こちらで負担しますので無料!

出張買取対応エリア

出張買取対応エリア

釣具の出張買取りは、東京都23区、神奈川県、千葉県、埼玉県など関東エリアに出張しております!対応エリアに関してはこちらのページをご確認ください。

買取強化品

特に高く買います

現在、ブラックバスルアーを特に高く買い取ります!詳しくは ブラックバス買取り詳細ページをご確認ください!その他現在買取りを強化している釣具に関しましてはこちらのページをご確認ください!

法人・業者様

在庫処分・一括買取

在庫処分したい・一括・大量買取りも可能です!ご相談ください!

営業時間

営業時間

営業時間と定休日: サイトからの受け付けであれば24時間年中無休です!

買取り申込書

買取り申込書ダウンロードはこちら

宅配買取りの際に必要となる買取り申込書のダウンロードは↑のボタンをクリックしてください。

釣具のリサイクル

釣具のリサイクル

釣り具をリサイクルして、少しでも地球環境のため、そして子供たち・魚たちの未来のためにエコを実践しましょう。